広告

Pocket
LINEで送る

何時になるかわからなかったので、帰りの新幹線の切符を買わないで、秋田から東京へ行きました。
東京から秋田に戻る時の話です。
買おうと思った新幹線の切符の時間帯が、全て立ち席のみでした。
券売機でも緑の窓口でも同じでした。
遅い時間帯にしようと思いましたが、そうすると帰宅か23時になってしまいます。
しかもグリーン車しか空いてませんでした。
いいや、どっか空いてたら座ろう。その時間に乗れる切符を買いました。
「こまち・はやぶさ」だったので座席の多いはやぶさなら自由席があると思ったのです。
一応聞いてからにしよう。
辺りを見渡し白い制服の方がいました。
「座席が空いてなかったので、はやぶさの方に乗ってもいいですか」
「はやぶさも全席指定です」
「どちらまでですか」
「秋田までです」
「12号車の空いてるところに座っててください。伺いますので」


えっ!
座れるのか?
嬉しかったけど、他にも立ってる人がいて、他の人にも伝えました。

「あの、今車掌さんが回ってきて座れるところ教えてくれるみたいです」

列車に乗り込み、車掌さんが席を確認し座らせてくれました。
全員座れました。
列車を変更しないでよかった

今度からは帰りの切符はちゃんと取らないと。
帰宅がわからなくっても、その時間で帰るように決めないと。
反省しました。
座れてよかった。
車掌さんありがとう^ ^

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら