広告

Pocket
LINEで送る

リンゴ狩りって面白い?

 

リンゴ狩りに生まれて初めて行きました。

とってもためになりました。そして、りんごを大切に思うようになりました。

そして、買ったら早く食べようという気持ちになりました。

 

私たちが行ったところは

横手市増田町の 野田りんご園さんです。

 

電話の対応からとても感じがよく、「毎日農園には出ているので、電話ちょうだい♪」

と、気さくな感じ。

結局当日になってから、これから伺ってもいいか聞いたら、着いたら電話してとのことでした。

農園で作業中のため、作業を中断し、迎えに来てくれました。

車の後を追い、いざ、農園へ。

 

とても、広い敷地で、りんごの説明を聞きました。

いわゆる、木に実っているものは10年かかって木になるのだそう。

それまで無収入になるので、わい化栽培という、小さな枝から作られるりんごをしばらく収穫していくのだそう。

わい化栽培

この弱点としては木のように自分で自立できないことなのだそう。

 

そして、9月ごろから「津軽」という品種。

これから「ふじ」の収穫になるとのこと。「ふじ」の時期は忙しく、対応ができないくらい、数日で収穫を急ぐのだそう。

収穫って大変だな。

現場をみてそう感じました。

 

木と枝のりんごを食べ比べて、どう?って聞かれたけど、

どっちもおいしく、その場で作った人が目の前にいて、美味しくないわけがないと、正直な感想をのべました。

「いくら?」

1個のりんごが100円で自己申告でいいそう。

 

子供の様子

簡単にもげて、りんごのおしりを上にするようにくるっと上に。

より、赤いのがおいしいぞ。

楽しそうにどんどんもいでいきました。

30個くらいでやめていただき、

そのあとは蝶々を追いかけてました。

虫網、もってくればよかったな~

 

広大な農園に気持ちいい風と、自然をも感じることができました。

 

段ボールをもっていけばよかった。ビニール袋はもらいましたが、車の中でごろごろ転がって心配になりました。

 

トイレはその辺で子供はしました。

 

今シーズン、りんごを買いに、スーパーでなく、ここにまた来たい。

いちご狩りでは感じなかった感想です。

リンゴ狩り

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら