広告

Pocket
LINEで送る

葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきました。
来年子供を連れて来れるかな?
未就学児お断りと年齢制限があります。

10曲のコンサートだったとして、そのうち5曲きかなくても素晴らしいコンサートです。
親は周りの人への配慮を最大限にする投資と心得て、子供を連れて行く必要がありますが。
条件付きだが可能です。
そしていくつかの対策が必要です。

私は来年連れて行きます!

いくつかの対策ですが
1 事前にそのコンサートで奏でられる音楽を聞かせること。
ハーモニーを一緒に口ずさみ1ヵ月を過ごしてからでないと行かれません。知らない曲は子供は聞きたがりません。
2 プログラム前半途中、必ず抜けること。
全部聞こうなんて思わない。子供にとって時間が長すぎます。親はあきらめましょう。
その抜けた時間に、トイレに行ったり買い物したりして、休憩時間に買ったものを見るなどして過ごしましょう。

3 1時間ほどのコンサートなど事前に経験しておきましょう

実は今回の通路挟んだ隣に、パパママ男の子小学校1年生位の女の子の組み合わせのご家族で来ていたのです。やはり演奏中うるさく、落ち着かず、その前の席に座ってた男の人が、何度も威嚇していました。見ているこちらがハラハラするほどです。その様子を見ながら私は考えました。

葉加瀬太郎さんのコンサートのすばらしいところは、

ずっと演奏しないこと
見ている人を飽きさせないこと
見ている人と一体感を大切にすること
観客との対話を大切にするため、葉加瀬さんのおしゃべりが多いこと
演奏さえしないこと

です。
そのために演奏曲数をあえて減らしています。

一体感を大切にするために必要なコンサートグッズとして、今回は定番のうちわのみならず、しゃかしゃかなる楽器が必要でした。コンサート中、それがなければ、疎外感を感じます。
1つ2,000円です。笑

何千回、何万回と繰り返すコンサートを、同じような気持ちではきっとできないはず。それを乗り越えるためにされている数々の工夫に、敬意を表したいです。
子供達と来年は行くぞー^^
子供の声にイライラした方も最後は笑って帰ったんじゃないかな。、そんな素敵なコンサート(^^)

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら