広告

Pocket
LINEで送る

こんな人がいるんだなぁ。
やはりハリウッドってすごい。その一言に尽きます。
この映画はどうだったか?と聞かれれば、シャーリーズ・セロンと言う最高にかっこいい女性に出会える映画です。ぜひ見てね!と言いたいです。

根拠
とにかくかっこいい。
スパイとしてシーンが変わるたびに靴も衣装も変わる。
ドンダケ持ち歩いてんのー。かっこよすぎ。
そんな格好で戦うのは素敵すぎるんですけど!

アクションシーンは鉄砲でパン!なんてほぼなく、素手で戦うアクションシーンばかり。
とにかく柔道、背負い投げ。
女だと思ってどこか手加減、差別しながら男って戦うんだな。

愛するものの遺体との対面。
その悲しみはこちらにも伝わる。

女性同士のセックスシーン。
男性とのよりもハラハラドキドキ。

氷のお風呂に入るヌードシーンには、彼女の孤独が描かれていました。
スパイとしての人生の孤独。
人を信用しては自分が殺される。

忠誠心。
誰のために何のために正義を貫くのか?
命をかけるのか?
スパイとしての仕事を考える映画。

じゃぁストーリーは?と言うと所々わからないところもあったのですが、まぁそんなことも関係ない位かっこいい女性の映画です。
スパイ物なんて今更見る必要あるのかなそんなふうに思っていましたがみる価値あります。

ドイツのベルリン崩壊の時の時代に、世界中のスパイたちがある情報を求めて戦う映画でした。
今現在世間はドリームと言う映画に夢中なようですが、こちらも見逃せない。過去のシャーリーズセロンの映画も調べたら、見たいものばかり。私は今回初めて彼女を知ったので、これからどんどん見ていこうと今から予定を立てました。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら