広告

Pocket
LINEで送る

ご家庭で子供が何人かいると絵本の読み聞かせはみなさんどうしてますか?
最近子供同士の喧嘩が多く。
私がこれ読む!
私はこっちがいいー!
毎日絵本を読み始めようとすると必ずこの喧嘩…
ですが、その喧嘩を食い止め、「おだんごころころ」を仲良く読むことができました。

嫌がっている1人に

アキコ
お母さんの読んだのを真似してごらん

と声かけをしました。

成功しました。よく聞いて、よく真似ました。そしてこの本も気に入り内容も理解しております。
次の日には進んで読みたがりました。笑

もう1人はその読んでる声を邪魔に思わないか?
喜んでおりました。
今度は自分も読みたがる始末。笑

どうししてうまくいったのかなぁ?と思い読んでいた本の一説を思い出しました。
読み聞かせは
抑揚をつけて読む必要はなく、1音1音はっきり発音するようにこの本には書かれていたのです

あ→
最大限に口を開く発音。自分の口に、ゲンコツを入れるイメージで広げ、腹の底から音を出す。

い→
あの状態から左右に思いっきり口を引き裂くイメージで

う→
口を前にとがらせて、しっかり止める。

え→
唇を少し硬くして、口をやや縦に開いて発音する。

お→
口を結びかけて下顎を下げ、口の中に空洞を作る。

絵本で子供は音を楽しむと書いてありました^ ^

関連記事

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら