広告

Pocket
LINEで送る

北陸新幹線へのラブレター

あなたを好きな理由は?って聞かれたら
なんて答えようかな
わたしが住んでいるのは秋田県秋田市
生まれて44年の月日が流れました。
私の母の実家は富山県八尾町
母の帰省が1年一度あり、幼き頃から長期間にわたり夏になると富山で過ごしていました。
思い出は行き帰り。
列車の記憶だけが鮮明に残っています。
リュックサックを背負っている重み
故郷があることが、少し自慢に

ほろ苦い思い出も
母が体が不自由で寝台の1階の席が取れなかった時、車掌さんに変更不可と言われ、一晩中起きているという母が気の毒で、悔しくって泣いたこと

釜飯が好きないとこに必ず買って行った釜飯
早くに亡くなった母の兄
田んぼ、畑をする祖母
優しい叔母
お姉ちゃん、お兄ちゃん
ひぐらし

帰路につく時の列車の車窓

日本海側を通ってのキオクなのです。
当時の列車は日中は白鳥
寝台は日本海

どちらの列車も今は廃線。
無くなってしまいました。

時は流れ40年の月日を経て北陸新幹線の誕生
着想から40年の時を経て新幹線が東京発で富山と繋がりました。

わたしが秋田から行くには大宮乗り換え。そこから富山へ向かいます。

例えていうなら
懐かしい母校に行き、キャンバスが全く様変わりしているところで、昔好きだった変わり果てたあの人に合うような気持ち。
一瞬がっかりするんだけど、話しているうちになんだか時間も戻って行くようで

5歳、6歳の頃の自分を思い出し、今、わたしの横には5歳の娘が2人
40年の時を経て座っています

好きだった人とよく行ったお店が別の店になって変わっている
好きな気持ちを伝えるのが手紙だったり、電話だったりしたのが
メールになったみたいな
好きな気持ちはかわりない

分かりづらいでしょうか。
北陸新幹線にようやく乗れて興奮しています(^^)

関連記事

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら