広告

Pocket
LINEで送る

子供に自分の考えを押し付けるやり方を今までしてきたのではないか。考えるきっかけになっている本があります。「科学が教える子育て成功への道」を読んで.子供と会話をしなければならないと思うようになりました。

○ 1回だけやっちゃダメ?
いいよ(^^)

✖️今日はお母さんの言うことを聞いて
…涙

その時の状況

今日は子供5歳が楽しみにしているアイカードゲーム。インフルエンザの予防接種が終わった後、弟に頼んで、連れて言ってもらうことになっていました。
しかし予想外に小児科が混んでおり、予定より2時間半も遅い時間に終わってしまったのです。
彼女らが何よりもアイカツカードゲームが好きなのはわかっていました。しかも今日は5回やっていいよと言う話になっていたのです。1時間以上かかってしまいます。電話で連絡が来た時、子供に電話を代ってと弟に頼みました。
初めて子供と電話で交渉です。

アキコ
聞いてくれる?今日これからアイカツカードだよね。でもすごい遅い時間になっちゃったね。
明日必ず行くから、今日は我慢できない?

いやだ

アキコ
そうだよねすんごいい楽しみにしてたもんね。
だから今日注射も頑張るって言ってたもんね。
わかるよ。お母さんもやらせてあげたい。
だけど外見てごらん。すごく暗くなっちゃったよね。お腹も空いてない?
どうしたらいいかな?
どうしたら明日に回せるかな?

おかぁさん、1回だけやっちゃダメ?

アキコ
1回だけ?いいよ。残りは明日行こうね

うん

アキコ
我慢してくれてありがとうね!

本を読んだからできたこと

私の今回できたこと
・1回と言うアイデアを子供の口から引き出す
・親として子供の言葉を待つこと

遅すぎたかなと焦っていた時間でしたが、気がつけばいつも通りの時間に寝ることもできました。
しかも明日は祭日でした。
そんなに焦る必要ないんですよね(^^)

関連記事

科学が教える、子育て成功への道
キャシー・ハーシュ=パセック ロバータ・ミシュニック・ゴリンコフ
扶桑社 (2017-08-19)
売り上げランキング: 1,810
Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら