広告

Pocket
LINEで送る

家族の不幸に対し、特定航空券のキャンセル代はかかりません。
年度末にインドに行く旅行の計画を立てていました。家族3人です。その年の3月にはもう予約を入れておきました。年末年始の旅行だからです。
ですが、予定が11月の終わりになって変わってしまいました。父親が亡くなったからです。
ANAのホームページを見ても3人分をキャンセルする画面がないので、お問い合わせを電話でしました。

私 「年末のフライトの予約をキャンセルしたいのですが、家族3人分でホームページ上できないので問い合わせしました」

ANA 「特定航空券のご予約ですと、お一人あたり1,000マイルほど減算されてしまうのですが、他の日にご旅行の予定はありませんか?そちらに振り返ることもできるのですが」

私「でもなぁ…旅行の予定ないんですよね。父親が亡くなったからちょっと先々読めないんで」

ANA 「そういったご事情でしたか 。でしたら死亡診断書を提出していただければ、減算されずにこちらで処理することができるのですが」

私「そんなことしてもらえるんですか!すごい嬉しい」

ANA 「忙しい日々をお過ごしと思います。ご搭乗の予定の前に済ませればキャンセルできますので、ゆっくりどうぞご準備なさってください」

父もANAマイレージクラブに入っていて家族登録をしていたので、死亡診断書をファックスしただけで済みました。
温かい心遣いとても胸が熱くなりました。

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら