広告

Pocket
LINEで送る

4月から小学生になる子供を学童へ預けることにしました。
が、学童ってどんなもの?
児童館とはどう違うの?

うちの子の場合です。

学童のお迎えに行く時間が遅い

ということがわかりました。
うちは子供が二人。とにかく別々の小学校に通っているため、1人の子に近い学童にすれば、もう1人の子は必然的に遠くなってしまうんですよね。

その仕組み

あくまで学童を先に利用していた年長の子が優先されます。うちの子の小学校でその学童を利用している子が3年生で1名で、合計2名。
3年生の子が授業が6時間で、遅い時間帯になるとその子に合わせてのお迎えになるのです。
3年生は週2回6時間だそうで、1週間のうち2回は児童館で過ごす時間が1時間以上。
お迎えをそこで持たなければなりません。
なおかつ、冬はもっと道が混み、実質学童滞在時間が下手すると30分を切ってしまいます。私のお迎えがそんなにおそくないからです。
尚且つ普段も1つの学校だけの迎えではなく、3つ4つ組み合わさってのお迎えなので、随分車に乗っている時間が長くなってしまいます。
それでも

広告

学童に入れたいなぁと言う理由

夏休みだけの利用は案外高くつくそうです。月極の契約の方がトータルで見ると良いようです。
20校もの学校の縦横のつながり。
子供に芽生える社交性を伸ばしてあげたい。色々な人と出会ってほしい。

利用する学童に近い子の方は問題ないのです。
同じ小学校の新一年生が10名上もいて、児童館がないので集合場所は駐車場。学童で借りていてそこに迎えに来ると言うやり方。
たいした待たずに迎えに来てくれるのです。

低学年の間は帰ってくる時間もまばらだし、家に1人では置いて来ません。たとえ回数が少なくてもこういったことを所利用するのがやはり1番なのかなと。
ファミリーサポートセンターをずっと頼ってきましたが、もうそろそろ大きくなってきたのでファミリーサポートさんは頼らないで自立していきたいと今は考えています。

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら