広告

Pocket
LINEで送る

いろいろ子供の時から体験を!と思って子供には色々させてきています。
ですが、英語の習い事だけは視野に入れていません。

体験談

七田チャイルドアカデミーに、子供と4ヶ月から通って6年になります。
が、ひらがな、カタカナ共に完了することは入学前に叶いませんでした。

どうしてかなわなかったかは、日本語は難しいからだと。

誰でも小さな頃から習わせていたら、できちゃうじゃないかと勘違いされていませんか?
できるならその子はすごく優秀ですよ!

根拠

例えば、日本語の難しさは、「さ」や「き」文字を思い浮かべてください。

この文字は左周りの文字と言うそうです。
「さ」の文字の2画目の文字や「き」の文字の3画目の文字の長い棒が上から右寄りになるように子供ができているかを注意して見てあげて下さい。
とのアドバイスがあったとします。

難しくないですか?

こんなことだらけなんですよ。
日本語って!

我が家はもう苗字に「さ」がつくのでまだいいけれども、他の子は大変だろうなとこの文を読んだ時に察しました。

こういった一つ一つのことに寄り添っていかなければならないのに、
ましてやもう一つの言語???

無理無理。

日本語ができてからで十分。

今の情報に惑わされず、日本語がわかる子に育てていきます!

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら