広告

Pocket
LINEで送る

入学式の先生の挨拶って覚えてますか?

私は大学の入学式の学長の挨拶は今でも覚えています。
高校の卒業の時の先生の挨拶も覚えています。

大学の学長の挨拶

学長
若さとは挑戦する事、老いるとは恐怖を抱くこと

いろんなことにチャレンジしていってください
というものでした。
入学式の時は、散々大学に落ちて、ようやく入れた大学の入学でした。ですが、まだまだ元気が出ていない時だったので、ものすごく胸に響いたのです。

高校の時の先生の挨拶

高校の先生
どんな山でもいっぽ踏み出すだけですごいことなんだ

そういった内容でした。
浪人と言う選択をチャレンジしてる自分と思い重ねました。
チャレンジしてることがすごいことなんだと、自分自身を奮い立たせたものです。

して、

広告

小学校の校長先生の挨拶

親に向けて、

校長先生
子供が帰ってきたら話を聞いてやってください

という内容でした。

私自身、忙しい日々を送っていました。
ようやく入学式。辛うじて迎えました。
髪もボサボサでした。
子供の名前書きも直前まで行っていました。
入学式の子供の姿を見たとき、生まれた瞬間の時の感動を思い出しました。
あの時以来の感情なのです。
感動しているものの、毎日は忙しいことが変わりがないのです。

ですが
自分の中の最優先事項をもう一度確認する機会となりました。

子供の話を聞こう。

どんなことに興味があり、どんなことに心動かしたのか。

彼女の目を見て聞いてあげよう。

入学おめでとう。

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら