広告

Pocket
LINEで送る

実は、とても忙しい日々を送っていました。
そんな中、
友人のお父様が亡くなりました。
一瞬迷いました。
参列するかしないかを。
結果、本当に優先すべきことは葬儀への参列なのではないかと考えさせられるものがありました。

葬儀に参列し、1人の人間の生涯を、その場に皆さんと思い偲ぶことができ、とても感慨深いものがありました。
私はそのお父様とは直接お話ししたことはありませんでした。
葬儀が新聞に掲載されたので、お参りに行くことができました。
喪主を務めている友人は、ほんの数月前に同じ喪主の経験した私と姿が被りました。
そこへ立っているのは彼であって私であったのです。

私の父の葬儀の時
参列してくださった方への感謝を思い出すことができました。
ほんの短い時間です。
ためらった自分を反省しつつ、葬儀に参列して良かったと心から思いました。

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら