• [wp_share_buttons_ type="balloon" post_id="1812"]

広告

Pocket
LINEで送る

小学校1年生の子供2人のPTAに参加してきました。
我が家は双子が別々の小学校に通っているためです。
小学校1年生のママはわからなくても、積極的にクラス代表を引き受けた方がいい。
その理由は、
社会の景色が変わるから
と、前向きなママ友が増え、人間関係が一変するからです。
以下、今回の体験をお話しします。

事前情報収集の不明確さ

いろいろ小学校に入る前にママ友から情報は聞いていました。

がさっぱり概要が掴めません。

自分がどんな係がいいのか。
そのPTAでどう振る舞えばいいのか。

聞いてもなんだかよくわからないのです。
どうすれば自分の都合と合致するのかが聞いていてもさっぱりわからないのです。

校長先生の入学式での言葉

校長先生
PTAもやらなきゃいけないものと後ろ向きにとらわれず、子供の成長を一緒に見守る仲間として加わって欲しい

と言う言葉が胸に響きました。

アキコ
どうすれば逃げられるのか…

実は最初はそう思っていたのです。

広告

最初のクラス懇談会での係決め

まず下の子の時

双子の下の子の学校での話し合いの様子です。

最初に希望を出していた候補の係ではなく、保健体育の係が足りないので、変わってほしいと頼まれました。

実は保健体育の係が学校では人気がなく、バレーボール大会が主な活動になります。
退会の後は活動がほとんど無いのですが、バレーボールをするのはみんな嫌なようです。
参加者がいなく、集めるのは大変な事となってしまっているそうです。

まずは、保健体育部のクラス代表になりました。

すべてのクラスの代表者が集まる次の週の平日3時の会議に出席。
今後の仕事の都合がつくのか不安にはなりました。

案の定、
午前中に2回休み、話し合いに参加しなくてはならないのです。

仕事を休むことは想定内でした。
もし休みが取れなかったら代わりにお願いしてもいいか?
この代表を受ける時に、同じ保健体育部の他のママさんにお話しさせていただいておきました。
そして話し合いの時に連絡先をメールでお聞きしておきました。

バレーボールの練習が2回。
練習は土曜日に行われるのですが、2回のうち1回は出れないので、これはお願いしする予定です。

計3回
当日の日曜日の試合までに、自分の仕事を都合つける事はやはり必須です。
ですが、コントロールができるのはやはり自分だけ。

残りを他の方にお願いしていくという方針で、私がスケジュール調整しなければいけないのはこの3回だけ。

よって1年間の行動計画を立てることができました。

上の子の時

双子の上の子の学校の話し合いの様子です。

双子の上の子の学校では、広報担当になりました。

入学式後に事前にアンケートに、「クラス代表していいか」との欄がありました。
丸をしといたら、当日PTAの時に代表お願いしますと言われました。

翌週に夕方6時に学校に集合代表者同士の話し合い。
夕方6時から8時まで話し合いました。

広報は年2回発行する予定で、2回を各学年ごとに割り振り、原稿、写真撮影、編集。
集まったクラス代表のみんなの都合で決めてきました。
私は自分ができることを積極的に引き受けていきました。
すると、この日は無理かもしれないと思っていた他のママたちも、どんどん仕事を引き受け徐々に役割が決まってきました。

広報の係はバザーやベルマーク集めなども昨年より活動内容に入っており、仕事内容が多岐にわたっていました。
広報の係になったほかのママも多いので、ベルマーク、バザーは学年ごとではなく、学校全体の部員に声をかけ、集まった人ができる範囲で行うことで話が一致しました。

都合のつけられる日で無理をしたのは、スケジュール上3日間くらい。
主にこちらは10月11月12月です。

先のことはわからない状況はみんな一緒。
何とか都合つけない作業していこうと言うことで話がまとまります。

広告

もし参加していなかったら

自分でスケジュールの都合をつける最初の段階がコントロールできなくなってしまいます。
残された日数の中から選ぶのはやはり厳しい。
結果、PTAなんて「できない」につながります。

子供が小学生になり初めて
近所の子が小学校何年生なのか
中学校何年生なのか
どこの学校に行っているか
が急に見えてきました。

参加したことによって、前向きなママたちと知り合うことができました。

街の人たちが子供を見守るためにしている活動が目に留まるようになりました。

社会の中で何かの役割を引き受けていく事は、これからは少子化の中で必須の仕事になってきます。
一つ一つをできる範囲で関わって、社会をより良くしていきたい。
親として当たり前のこととして取り組んでいきます。
できる範囲でね!

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら