広告

Pocket
LINEで送る

バチと笛を買いました。
今年から親子でお祭りに参加するためです。
初めて練習に参加してきました。
以下感想です。

どのコミュニティーに所属するか

お祭りといってもたくさんあります。
私は地元の住んでいる区域の神社のお祭りへの参加を決めました。
代表的な祭りは竿頭祭りなのですが、こちらは参加は今のところはするつもりはありません。

祭りにはやはり練習がつきものです。
子供を連れて行ける時間や場所も重要になります。そして回数も。

そして何より、誰がその祭りに参加してるかも重要になります。
親にとっても子供にとっても。
私にしてみたら小さい時から慣れ親しんでいるお祭りです。参加してる人たちもほとんど存じ上げている人ばかりです。
子供たちにとっては最近仲良くしてもらってるお姉ちゃんたちが参加済みでベテランです。

一方体表的な秋田の祭りである竿頭祭りに対しては、全く知り合いでやっている人がいません。取り組んでいる方に聞いたらやはり人づてで入るようです。知り合いのいるところに入れてもらう形なのです。
練習は家から離れた場所になるし、時間も長時間。期間も長期に渡ります。何せこちらは本格的なので。
そして子供の太鼓を希望する子が多いので、上学年からの参加になってしまいます。

太鼓の初体験

子供だけではなく私にとっても初めての体験でした。リズムを取るのが意外に難しいのですね。小学校3年生の女の子で去年から参加している子が自分の太鼓の棒を持っていました。

アキコ
それは買ったの?

私が尋ねるとうれしそうに
自分のバチだよと説明してくれました。
ママに買った場所を聞いたら、いつか入りたいと請い願っていたお店でした。
和楽器屋さんです。

自分バチを用意して参加するものなんだ!

単純な驚きでした。
練習時間は1時間ほど。来週はこの後、踊りをやってみたい人は踊りの練習もするそうです。

広告

笛の初体験

勢いあまりお店で思わず笛を買ってしまいました。全部手作りだそうで1万2千円位でした。お店の人に吹いてみて試して購入してくださいと言われ、吹いてみました。

簡単に音が出ないのです。

リコーダーのように息を入れれば音が出るとばかり思っていました。
なかなか出ません。

小学校4年生位から吹けるようになるそうです。子供用と言うのは無く、まだ指が届かないからだそう。

まず初めにママが挑戦して、その後子供がやりたいって言うふうに段階を追って行けたらいいね!とお店の人とも話し合いました。

早速家に帰ってなんとなく太鼓を作りました。楽しい時間になりますように^ ^

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら