広告

Pocket
LINEで送る

アキコ
あれ?そのお金どうしたの?

子供M
00に貰った。

財布に五千円入っていたのです。

今日はお祭り2日目。
子供たちは昨日でお小遣いを全部使ってしまって、今日の分として千円しかあげていないはず…

子供のお金に対する教育はどのようにしていますか?

小学1年生のお小遣い

この春より子供が小学生になったので、お小遣い制にして計画を立てて使うことができるように促して来ました。
月千円です。
今まではショッピングモールでカードゲームに使っていました。

千円の使い道

・月4回しかモールには行けないのに1度いって、2回以上やるとお金が足りなくなること。
・その千円をお祭りまで取っておいたらどうかと。
提案して来ました。
子供二人の案は一致して、お祭りまで貯める選択をして来ました。
そして待ちに待ったお祭り。

貯めたお金4千円とお祭りのお小遣い2千円

一気に使ってしまいました。
一人はは後悔していました。
もう一人は今日の日を楽しみにして貯めてきたのかだから、悔いはないそうです。

2日目事件は起きた

2日目、お小遣いを千円追加で渡しました。
自分たちのお財布から出て来たのは1万円や5千円札でした。
誰に貰ったのか?
ゆっくりと家に帰って聞きました。

アキコ
どこにあったお金?

子供S
怒るもん。

アキコ
お母さんの財布からとったの?お店のレジから持ってきたの?

子供S
お店のレジから。

結局は私の机の横にあったお金を見つけて我慢できなかったと打ち明けました。
おそらく初めて。そのお金を半分、もう一人に分けたのです。

私の伝えた言葉

勝手にとっちゃダメなんだよ。
泥棒と同じだよ。
怒らないで話しました。

想像できなかった彼女の欲望

どうすればよかったのか。
1日目は本人に任せて、放置して様子を見ていたのです。
ですが、私の想像を超える欲棒が子供の心には潜んでいました。
目の前にあるお金に手をつけてしまいました。

自分の体験

ちょうど1年生の時です。スーパーでレジで払わないでおもちゃを家に持ってきて。
こそこそ中をあけていたら、母親に見つかり怒られたことを思い出しました。

きちんと見つかること、バレること

間違いが見つからないのが最も恐ろしいことではないか。
まず見つかること。
親にバレること。
この体験が次にその行動を制する働きが必ずあるはず。
よく見てなかったら、お金の使い方を気づかなかったかもしれませんり。

これからの方針

まだ小さいうちは子供のお金の管理、きっちり目を見張る必要があります。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら