• [wp_share_buttons_ type="balloon" post_id="2128"]

広告

Pocket
LINEで送る

象印炎舞炊き購入価格11万円。
投資して正解です!毎日家族で玄米ご飯を食べることが続いています。
だって美味しいんですよ、この炊飯器で炊くご飯が!

実は玄米を美味しく炊きたくって炊飯器を買い換えたばかりなのに、どうしてかおいしくない。SNSでふと、友人に向かってつぶやきまして、買い換えることができました。

皆さんは、毎日玄米を食べてますか?

以前は玄米生活が習慣化していた

独身の頃は、親といっしょに玄米ご飯を食べてました。
カムカム鍋という小さな入れ物に米を入れて、圧力鍋で1時間ほどコトコトと圧力をかけ作る方法です。

この方法はとても柔らかく玄米が炊けて、食べやすかった。

しかし最近は玄米を食べなくなった

子供ができて、最初に子どもが玄米を食べたとき、便が硬くお尻の穴から血が出てしまいました。玄米は消化に時間がかかるのです。この米を手間ひまかければ食べさせることができましたが、今の生活の中であまりにも困難。
そして玄米をやめ、5分付きご飯に。半分だけ白米の状態にしたものを、普通のご飯と同じように炊くやり方でしばらく過ごして来ました。段取りが悪くお米の浸水時間が足りない時は、白米でごまかす日も多々ありました。

広告

玄米生活に戻るきっかけ

私は玄米生活を送っていたのは親の病気がきっかけでした。それが親が亡くなり、やる気が失せてしまっていたのです。
それなりに食事の勉強はしました。主食のほとんどを占めるこの玄米が体に良い事は分かっていました。

けれどもなんとなく乗り気でない、玄米をまずいという家族を持ち上げるのも億劫でした。
玄米は何よりおいしく炊く状態にもっていくのが難しいのです。

それが最近私の周りの友人が、玄米を始めました。
その影響です。
もう一度玄米をやってみようと言う気持ちにまでになりましたなりました。

広告

だが、立ちはだかる糖質制限

玄米の生活に戻るにあたり困ったことがありました。
糖質制限です。
糖質制限をする習慣がついていたのです。
とにかく米を食べないのです。
そんな生活なので、炊飯器の情報が耳に入る事はありませんでした。
米に興味がないからです。

広告

確信 玄米はやっぱりいいんだ

糖質制限の事、玄米のことを改めて勉強し直しました。
やはり玄米ご飯がいいんだ。
炊飯器を購入する気持ちになってきました。

またも障害発生しました。せっかくこだわって 買った炊飯器が、今までのと比べて美味しくない。
玄米が美味しく出来上がらないのです。白米は試していないのでわかりません。

でも、今持っている炊飯器と同じ味では困るのです。

さて、どうする?炊飯器を買い直せるか?

買った炊飯器で炊く玄米の味に満足できないと、SNSで友人につぶやいたら、いろいろな情報が集まってきました。
そのやりとりをするうちに
新しい炊飯器を買い直そうと言う勇気が自分の中で沸き起こったのです。

毎日使うものだから投資しても大丈夫だと。
損しないと。勝間和代さんのセリフでした。

新しい炊飯器候補

はじめに買った炊飯器は5万です。
もうすでに5万使ってます。安く済ませようと思って、炊飯器を選ぼうと思ったのです。ですが、SNSでの友人の言葉が耳に残りました。

友人
もともと10万を超える炊飯器を使っていたからそれ以下の炊飯器を使う気にならない。

その方は味にうるさく象印の5万円台の炊飯器をお試しで食べる機会があり、美味しくなかったと言ったのです。

実は私は初め、その炊飯器を買う予定でいたのです。

出会い 象印のホームページに惚れた

電気屋さんに行って買う前に象印のホームページを見ました。
象印100年の力の結集と。

象印の炊飯器の炎舞炊きという機能を持つ機械を知ることに。

 

一気にこの広告に魅せられました。
そして味の想像ができました。
100年に1度のプライドと書かれているのです。

食べてからじゃないと買えない?

食べないと買えない気持ちも吹き飛んだのです。
以前食べていた玄米の味。
同じものがきっとこの炊飯器ならできる。
私は確信しました。

子供が食べ続けることのできる玄米

私はおいしさと言う観点を忘れていました。
食事の栄養ばかりに気がとられていたのです。
そう食事は美味しくなければならなかった。
食べれる玄米。パクパクです^_^

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら