広告

Pocket
LINEで送る

『ボヘミアン・ラプソディ』は観に行ってください!!

まさかの3夜連続

私が見ようと思っている時期がちょうど11月の3連休に当たりました。
初日の22日、23日.24日。
勤労感謝で休み休みの日に行きました。
すると24 25日と、まだ連休が続きます。
突然

アキコ
次の日も行きたい!!

と言う衝動に駆られました。
それは今まで45年生きてきて、
映画はたくさん見てきて、
初めて感じたこと。

ライブ

これは映画?
そうライブなのです。
映画と言う枠を超えたライブなのです。
いくら聞きたくていいからお金を積んでもこの方はもうこの世にはいらっしゃらないのです。クイーンという伝説のバンド。

広告

話はシンプル

特にストーリは無いのです。
歌がメイン。映像で人間模様と音楽とスキャンダル。ちょっとだけ盛り込んで、流れるクイーンの音楽の映画でした。
小難しい画像で目まぐるしく変わる画像を無理矢理見せられる映画とは訳が違いましたり
それはそれで面白いんです。
けれどもっとシンプルでいいと思うのです。
楽しませるのは難しいのはわかるんです。

広告

私自身の人生のタイミング

行くはずのなかった私の人生観り
これからまさかのヨーロッパ旅行にいきまさ。
私はイギリスに行く予定があるのです。
だからこのイギリスで生まれたロックバンドに運命を感じました。

広告

ありえない行動

映画を観た後にまた誰かを誘って行きたくなる映画は初めてです。
そしてFacebookでもお勧めしました。
そんな気持ちに駆られるのはこの映画が初めてです。

ダウンロード

クイーンをダウンロードしました。
しばらく子供にも聞かせてあげたい。
名曲は時代を経てもやはり名曲なのですね。
ファンではありませんでした。すごくクイーンを聞いたってわけでは無いのです。
それなのに今この映画を見て、またこれらの曲を聞きたい気持ちがおさまりません。

世界中継

オリンピック中継よりも、世界中に配信された事実のライブに胸を打ちました。
そんなイベントがこの世の中にあったのかと。
残念ながらそのイベントで多くの人は救えなかったようです。
それでも音楽が1つになり人が助ける。
心が震えました。

クイーンが見た景色

人前で歌ってその声が世界に届く。そんなクイーンに一瞬なれた錯覚をおこしました。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら