広告

Pocket
LINEで送る

子供をスキーのレッスンに参加させることにしました。

仲の良い子ができずに輪に入れなかったようです。
でも、いつも輪に入れるとは限らないんですよね。
逆にうまく輪を作り、他の人を嫌な気持ちにさせることもあるのかもしれない。

レッスン内容

今シーズンのイベントで毎週土曜日。
集合時間朝7時半。車で連れてくと子供たちを皆パスでスキー場まで連れてってくれます。
ただちょっとスキー場が遠いんですよね。
2時間位かかります。
午前中レッスンし、お昼を食べる。午後レッスンし帰ってくる。
帰宅時間は夕方5時位です。
それに合わせて迎えに行く。

12月22日に初顔合わせ。
この日はオリエンテーションだけで終わり。
年末年始を除き3月末まで毎週土曜日これから行くことになります。

乗り気でない子供達

厳しいかな。
楽しいというか?楽しくないというか?
どんな顔して帰ってくんのか?
行く前は乗り切でない。子供がやりたいと言ったのではなく、私が試しに行ってみたら?と申し込んだのでこんな様子です。
それでも絶対行きたくないといわないくらいうちの子はかなりスキーを滑ることができます。

広告

メリット

・自分で子供をスキー場まで連れて行く時間が浮く。
1番近場のスキー場でも往復2時間あります。わたしが行けるとすれば日曜日のみ。それでも日曜日に必ず行けるとは限りません。天気や体調によっていけない時もあるからです。このレッスンに申し込んだら確実にシーズン通して20時間はレッスンの時間を確保できるのです。

・個人的にレッスンを受けさせるお金
通常のレッスン料金の半額です。かなりありがたくお得であるので申し込みました。
私1人で子供2人に教えるのはまず、無理です。

広告

デメリット

・女子の場合かなり人間関係に左右されてしまう。
今回は2年生の女の子がようやく1人。
3、4年生が中心で女の子は少なめ。既にもうお友達同士のグループでの参加のようで輪に入っていけません。

・安い分、個人レッスンではないため危険が伴うのではないかと不安材料あり。
個人レッスンを受けたときでも、あみに突っ込んでしまったい頭を打ったことがあります。グループレッスンは大丈夫かなと不安ではあります。

広告

帰ってきた子供たちの様子

今日はオリエンテーションがメインでお昼ご飯を食べた後、ソリなどをして遊んだそうです。
うちの子たちは双子で小学校1年生女子2人での参加です。
お昼ご飯は2人で食べたと言っていました、
まだみんなと仲良くなれなかったからと言っていました。

仲良くなれたか

少しでも仲良くなった人はできたか?
と聞くと

・6年生の女の子はとてもリーダーシップを発揮してくれているようで、面倒みてくれてるようです。

・2年生の女の子が1人、1その子の名前をなんとなくちゃんと覚えていました。

・あともう1人少し仲良くなれた子がいるようです。

ですがメンバーによって左右されてしまうような印象です。

誰がその時、参加してくるか当たり外れがあるように思います。今回はお友達同士のグループがあるようです。すると輪に入っていけません。ましてや1年生。

嫌だなぁ…

今後の予定を子供たちに話しました。

子供
また行くのやだなあ…

と言うので少しそのことについて3人で話し合いました。

親子での話し合い

アキコ
1年生だから、やっぱり3年生とか4年生は1年生と遊んだり喋ってくれないんだよね。
それなのに6年生の女の子ってすごいよね!
ちっちゃい子にも優しくするってことでしょう?
二人はちっちゃい子にそうやって優しくできる?
自分の仲いい友達がいたらそのことだけ遊んじゃうんじゃない?

だから意地悪してるわけじゃないんだよ。

いつもさぁ同じ歳の人がいて楽しいところばかりじゃないかもしれないけど…

ちょっとそういうのもどうやったら仲良くなれるか頑張って見たら?

自分が知らない子が来た時は…

アキコ
されたら嫌だから仲良くしてあげよっ!

すると子供が

子供
自分がされて嫌な事はしない!

おっ!名言でた。

アキコ
母あきの一言

もうちょっと頑張ろう!
まだ、スキーはしてないんだから。
6万6千円払ったから…苦笑

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら