広告

Pocket
LINEで送る

ユーロスターに乗りました。パリからロンドンへの移動に乗車しました。
乗り物は乗ってしまうと感動は一瞬でも終わりますね!笑
ユーロスター

叶えた一つの夢

ヨーロッパの旅行の時は鉄道を使って移動してみたいという願いを叶えました。

きっかけ

テレビの影響です。
世界の車窓という番組が好きで、たま見ると無性に乗りたくなります。
旅に出たくなってしまうのです。

広告

2つの列車体験

今回のヨーロッパの旅行では2つの鉄道列車に乗りました。
1つはベルギーブリッセルからフランスのパリへ行くタリスという高速列車です。
もう1つはユーロスター
パリとロンドンを2時間半でつなぐ新幹線のような列車です。

広告

注意事項

・1時間前には行くこと

記入するものがあったり、パスポートを確認したり、荷物を点検したり、セキュリティーチェックがあったり。

飛行機に乗る前のようでした。
チェック後の待合場は空港のイメージですが、時間をみんな持て余してるような雰囲気でした。
狭かったです。

・時差

パリとロンドンは1時間の時差があります。そのため11時に発車すると12時半着。
途中、車内の時計と自分の時計が合わず、あれ?予定通りつかない?と焦りました。時差があるからでした。

広告

車内の様子

WiFiなんかは快適に繋がりました。前日のタリスという列車と比べると座席は少し狭かったかな。
赤ちゃんを連れていたり家族連れもたくさんいました。皆さんベビカーを持参してました。

2段階段をのぼっての乗車で大変。
スーツケースを持ち上げなくてはなりませんでした。乗るのにかなり人がごった返します。
行きも帰りもです。
ですが、ここでも優しいたくさんの人が。
スーツケースを3つ持ち上げる異邦人の私のお手伝いをみんながしてくれました。
日本の新幹線には段差なんてない。だけどこの交流は段差があるから生まれるんだよな。
とも考えました。

後悔

・列車の中で居眠り

車窓を見るはずが連日の時差ボケで

アキコ
寝てしまいました!!!

・値段が高かった

予定をギリギリに立て、気がつくと

アキコ
えらい高い…

ロンドンの友人に後から直前はとても高いそう。
後日二ヶ月前の列車料金と比較してみたら3倍くらい違いました…
高すぎて値段はここには書けない…
早めに予定を立て購入ですよ!

子供達

ずっとタブレットを見ていました。
子供は車窓は全く興味を示しません。

アキコ
あきの一言

どの季節のどの車窓がいいのかな?

懲りずにまたヨーロッパを鉄道でゆっくり旅してみたい。
購入はネットでした。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら