広告

Pocket
LINEで送る

~1000人のすごいなーと思う人の話を聞いてみる~

#インターネットから見つけた人偏

映像所要時間、30分。まとめ文30分

すべて隙間時間で行う方針

 

インターネットからまず探そうと思いました。

テレビは、本当の話をカットしてたり、かなりの編集の部分が濃くって、実際そういった話を聞くという体験が、ノンバーバルコミュニュケーション、非言語情報とのこと。

100人で1級上がるイメージ    ~5月月例会より引用~

 

目標1000人。

ひゃー。月20人で、5か月で1級昇進。10級あげるまで、4年2か月。停滞したとしても、4年半で目標達成。

ロマネスコ、ロマネスコ。ネットワークを広げよう!!

こんな形を作っていこう!!

37a1f4cfcdf4700a556aa631ab506fbe

第1回目

八海醸造 南雲 二郎社長× (株)龍角散 藤井 隆太社長

社長名鑑より

http://shachomeikan.jp/

 

親の会社を引き継いだ社長同士の対談で、老舗の会社のご子息であるお二人の対談でした。

社長の対談なんて、こうやってまじまじと観察したことなかったのですが、以下、気が付いたこと。

  • 1 身振り手振りを話の途中すごくされる。このあとみていく社長さんたちもこうなのかしら??
  • そして、話の途中よく笑う。

人と話をする中、どれくらい笑いあったかも会話の質を図る術なのかな。

  • 2 親子で同じ仕事をすることを、難しいと感じる人もいれば、そう?って思う人もいる。
  • 3 美術館でフルート演奏を聴く場で出会う。こういった場所に赴く必要が、チャンスをひろげる
  • 4 印象的な言葉、事業を引き継いだ親父と自分の関係を「あなた借金作った人、私返した人」と、笑って表現していたこと。
  • 5 事業を引き継いだ時、どうやって、この会社をつぶそうか考えていたこと。

 

海外展開

  • 1 八海は、世界の料理にどうやって日本酒がマッチングしていくか。食とのマッチングについて今まで提案しなさすぎてきた。業界としてやっていないー。ワインやってるぞー。

アメリカのおじいちゃんが、日本酒を作ってきた。なんてことがおきたらかっこいい。

 

  • 2 龍角散は早くから海外事業展開してきて、海外が日本の4倍。国によってのどの環境が

ちがうので、こっちの文化を押し付けないで、そちらの文化に根付いてもらう。

世界的にもまねできない、年月をかけて作ってきたものである。

 

お二人の共通点はこの

自分は世界に誇れるものを作っているという信念でした。

これが、生まれながらにして持っているのがふつうの人のスタートと大きく違うところだとかんじました。次のじゃあ、どうしようかに話がなるので。

 

今までは人、モノ、金の時代だったが、

これからは人、人、人の時代。

ますますネットワーク大切と再確認しました。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら