広告

Pocket
LINEで送る

皆さんのお宅では子供にどんなことを自分でさせていますか?

書道教室の先生のお宅で発見した出来事のお話です。
給食袋の後片付けを年長の保育園児がしていた!!

書道教室

私たち親子が通ってる書道教室は一軒家です。
1階に大きな長い机の置いてある部屋、その隣に大人の練習スペースを設けている部屋がキッチンがあり、リビングになってます。

2階に家族六人で住んでいるそうです。
おばあちゃん先生、おじいちゃん、先生、奥さん、小学校のお子さん、保育園のお子さん。

書道教室の練習時間に、おじいちゃんに連れられて保育園から帰宅している子がいました。

おじいちゃんの指示

おじいちゃん
はい、給食袋片付けて

おじいちゃんの合図で保育園に通う年長の男の子が、給食袋の中にある箸やおしぼり、歯ブラシなどをちゃんと流しに持っていき、洗えるように中身を取り出していました。
朝も自分で袋に入れて持って行くそうです。

広告

給食袋とは

学校や幼稚園、保育園によって指定された
ご飯を食べる時に使うものが入った袋のことです。

私の上の子の学校は袋の大きさも決まっており、中身はコップ、おしぼり、歯ブラシ、はし。
下の子はこれに加えランチョンマット。

二人ともこのほかに飲み物も持って行かなくてはなりません。

広告

水筒なんて…

今は冬なのであまり飲まないので少し小さめの水筒。テニスを習っているので、夏場は1番大きいサイズの水筒が必要です。
水筒だけでも4種類あります…

広告

私の家

私の家では小学校1もうすぐ2年生になる女の子が2人。それぞれ給食袋を声掛けはするもののなかなか自分で用意したり、片付けたりできないでいました。
置き場を作ったり工夫はしてきましたが、時間がなくて私が片付けてしまっていました。

他人の日常を垣間見て

保育園に通う子供でもできることが、もう2年生にもなろうとする子供ができていない。

我が家の現実。

書道習いに行っているはずが、別のことも習う事ができました。

私一人の子育ては偏ってしまっていました。
人と触れ合うからこそ知ることができました。
水筒にお茶を入れることもきっともうできるはずでした。

アキコ
ママあきの一言

先生に食べてと今日はおいなりさんをいただきました(^^)

今読んでいる本はこちら!

勝間式超コントロール思考
勝間和代
アチーブメント出版
売り上げランキング: 87
Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら