広告

Pocket
LINEで送る

勝間式 超コントロール思考を読んで即行動 問題を紙に書いてから読まれることをお勧めします
早速行動を起こしました。
結果も出て、他の問題も一気に解決へ。

本を読みながら

子供のスキー教室を変更しました。
シーズン一括として料金を収め、格安でした。ですがそこは辞めて別のスキースクールに通わせてあげることにしました。

値段が安い、送り迎えがないので便利だと考えたのを失敗と認めます。
結果、お金は収めた分は帰ってこないし、別に料金が発生するけれども、
この本に書かれている
コントロールする力は発揮することができました。

本文より引用です。

多くの人はそのような私の試行錯誤のプロセスを経た結果だけを知りたがりますが、もし皆さんが超コントロール思考を見つけたいと願うなら、実はそれはあまり的確な方法とは言えません。
自分で試行錯誤しながら実現したイメージを日常化させていく、と言うコントロール技術を学習する機会が失われてしまうからです。

さまざまな試行錯誤プロセスを経た方が、当然ながら凡用性的な能力を身について、新しいハードウェアソフトウェアに対してもに適応しやすくなります。

ぜひ人任せではなく、自分であれこれと試してみることをお勧めします。

経緯

子供たちは幼稚園の年中の時からスクールに入り練習しています。女の子です。
グループレッスンより個人レッスンがいいよ。小さいうちは個人にしていましたが料金がかさみます。
そろそろ結構滑れるようになったし、グループでもいいかな。
小学生にもなったし、バスでスキー場に連れて行ってくれるレッスン付きのグループに申し込みました。
料金も格安だし、土曜日仕事の私にとって子供を送り迎えがなく、スキー場に連れて行ってくれるのは大変ありがたいサービスだと思いました。
スキーの腕前も子供自身上がっているので、危険性も少ないと判断しました。
双子なので二人での参加なら心強いはずと、

広告

問題その1

スキー場へのバスの時間が長すぎるんです。市内からそのスキー場までは2時間以上かかります。そしてバスの中でテレビゲームなどを持っていく事は許されませんでした。漫画を見れる歳でもないし、本を見ていると気持ち悪くなるそうです。
タブレット持っていってテレビを見ることができない。2時間何をしてるかといえば寝るわけでもなく、ただ黙っているそうです。
苦痛なのです。

広告

問題その2

子供の頻尿が判明しました。
とにかく頻繁にトイレにいきたがります。そのトイレが集団の行動の中でどうも許されなかったようです。
それはそうだ。
先生1人に対して子供8人。
頻繁におしっこと言われても対応できるわけがありません。
尿意を催し我慢してるのが彼女にとっては苦痛だったのです。
これをきっかけにどうして水泳を辞めたがったのかもわかりました。

広告

原因は判明したが

原因は判明しました。
けど…
いちど払ったお金をドブに捨てるようなものです。
やめる決意がつきませんでした。

毎週土曜日そのスキー場へ帰っています。
それとは別に日曜日に近場のスキー場のレッスンも受けていました。
子供はそっちがいいと言うので、そこの先生に相談しました。
子供だけで連れてきて帰りお母さんが迎えに来てくれればいいよとアイデアを提案してくれました。

この方がスキーの上達も早く、何より安心してスキーを楽しんでいるようでした。

今勝間式コントロール思考をよみながら
決心がつきました。
一括納金が決心を鈍らせてしまっていました。コントロール権をなくしていたのです。
私が悪いわけではないのです。
自分を責めるのはやめました。

すると…

子供はハの字で滑ってました。
今シーズン中にはエッヂをきかせて滑るのは難しい。
ニの字は来年になると諦めていたら…

特別にスクールの校長先生が指導にあたり、1日でハの字が消え、
ニの字がになったのです!!

すると…

別の問題まで解決。
スクールの先生たちと全く関係ない雑談から竿燈グループへのお誘いが。
昨年参加したグループへの練習場への車の所要時間は片道45分。参加させたいと思うもののこれでは遠い。
かといって近所のグループではいろいろ問題がありなかなか選択肢につながらなかった。
するとスクールの先生がこのグループに入りなと声をかけてくださいました。
そこだと車で10分かかりません。
しかも、事前に目星をつけていたグループでした。

すると…

また問題が解決。
雑談よりスクールの先生の飼っている犬の写真を見せてもらい、今度お宅にお邪魔し犬と遊ばせてもらえることになりました。
来年には犬を変えたらいいなと子供たちと相談しており、とてもうれしいお話。
とっても大きな変わった犬なんです。笑

とまぁ、次々解決。
コントロールされないために、問題を紙に書いてから読まれることをお勧めします!

勝間式超コントロール思考
勝間和代
アチーブメント出版
売り上げランキング: 87
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら