広告

Pocket
LINEで送る

紋別旅行のお話の続きです。

お食事を食べてから
オホーツクとっかりセンターでアザラシを観覧しました。
なんとアザラシに触れちゃいました。

そのあとガリンコ号に乗船しました。

1泊2日の夕飯はどうする?

メイン料理のプランは豪華に!
提案として2つありました。
1つはお寿司
もう一つはカニしゃぶ

アキコ
カニしゃぶ…

実はカニしゃぶなんて食べたことないし、家では食べるのが大変そうであまり好きなイメージではありませんでした。
むしろ五つ星のお寿司にひかれましたが
友人
イチオシはかに!

と友人が言い張るので…
アキコ
じゃあ、かにでもいいか

位の気持ちでしたが…

実際はとてもとてもおいしかった!
食べたことのないカニが目の前に現れました!
ただ、やはりカニに夢中で言葉が少なげに笑

紋別セントラルホテル
年間通じて安定したカニをお客様に提供しているそうです。
紋別セントラルのカニしゃぶコース6480円

オホーツク三昧かに遊膳と言う2階にあるお店です。
個室が多いと思ったらなんと、6室もあり、8名から40名の収容の広さで備え付けるられているようです。
自分たちだけでのんびりお部屋の中で過ごすことができ、子供も騒いでも何も気になりませんでした。
紋別旅行でオススメで出てくるものの中でもここのは絶品だと思いました。
それと、子供は別メニューで対応してもらいました。
ですが私のカニも美味しそうに食べました。
大丈夫ですよ!
たくさんあるのであげても!!笑

友からのサプライズ
友人は漁業の仕事をしておりに携わっているので、なんと今朝ロシアから取れたてのカニをさばいて食べさせてくれました。
そこで初めて気づいたのです。

いつも食べることのできるカニは冷凍し解凍して食べていたことに。
ということは…生のカニを初めて食べたのです!
違いは…
わかりませんでした。笑
とにかく食べきれないカニの量でした。

ホテル日の出岬

宿泊はここから4分ほど離れた場所ホテル日の出岬でした。

いや40分かけていく必要があるかな…
もし万が一流氷を見に行くことができていたらここはおそらくホワイトアウト状態。吹雪です。海沿いを走ってホテルへ。
普段雪道を走ってない人にはオススメできないなぁ。
それともゆっくり走ればいいのかな?
車の交通量が多いわけではないのでゆっくり走れば何の問題もないかもしれません。
が風吹いてんだよなぁ…
んで、このホテル、朝になって
ここに泊まってよかった〜

高台の上にちょっとあって、もう一望できるんですよ。
屋上が展望室になってそこから日の出が見えるのですが、とにかくお風呂が広かった。
日帰り入浴のお客さんでごった返してはいましたが私が入った入浴時間にはそれでも満足しました。
広いから脱衣所も気にならない。
お風呂もきもちよかったです。
特に朝。
日の出に合わせお風呂場に行きました。
宿泊者私1人がその空間を独り占めしていました。
とてもとてもきもちよかったです。

広告

朝ごはん

朝ご飯はと言うといくら丼食べ放題です。
あとかまぼことオホーツク鮭燻製。
ホタテカレーとか特選肉じゃがとか。
あーちょっと食べきれなかった!
ちょっと欲張っていくら丼4杯ぐらい食べましたが、私だけじゃなくてみんないくらを食べていました。笑

広告

日の出岬 展望台ラ・ルーナ

次の日の朝は展望台に行きました。
ここからの景色は素敵だった。

ホテルからの景色ともまた違いました。
ようやく流氷のかけらが…笑
海岸に打ち上げられているのを見れました。

広告

昼ご飯を設けず帰りの飛行機までドライブ

お昼の飛行機までの時間、お昼ご飯を食べず

かまぼこを食べに行ったり
揚げかまぼこ最高!

牛乳を飲んだり
天皇陛下のお気に入りのお店

アイスクリームを食べたり
やっぱり北海道はアイスクリーム!

ぶらぶらドライブしながら帰路につきました。
あっという間でした。

当初は9時半に予定を立てたのですが、集合時間を8時半にし12時半の飛行機で帰ってきました。

最後に撮ったみんなとの記念撮影の場所のカニのモニュメントはとても良い場所でした。

オホーツク空港に降り立ちたらちょうどツアーの方達と一緒になって空港は混雑。
みんな同じルートなんですよね。
前日のガリンコ号と、かまぼこ店でも一緒になりました。
かちあいますのでご注意を!

ガリンコ号
見れなかった流氷でしたがオホーツクの海をガリンコ号に乗って周遊しました。
とても波が荒く、結構船が揺れて。
それで子供が大はしゃぎしていました。

船から防波堤に海鵜が1列に張り付いていたのも素敵でした。

夕日がとても素敵だったのでサンセットコースにしてよかったなぁとみんなで話し合いました。

また、来年みんなで紋別に来ることにしました!

紋別旅行記第1話はこちら!

関連記事はこちら

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら