広告

Pocket
LINEで送る

ご到着のAirbnbのお客さま4名。(お父さん、お母さん、息子さん、息子さんの友達)

さて、お時間ただいま16時20分。

どうしましょう。。

ここはホテルではありません。

鍵を預け、お部屋でおくつろぎ、後はご自由にといかないのが、面白いのです!

玄関を通り、リビングの説明。お部屋を案内し、トイレ、バスルームの説明。

通訳は、息子さんが、パパママへ((笑)

他にもたくさん部屋があるが、散らかってるのでと話し、入らないでとか、ここは開けないでとか、細かいことは何も伝えませんでした。

2回目ともなると、こっちもどうでもよくなり、図太くなるものです。

私の提案。

「夕飯どうしますか?みんなで作って一緒に食べませんか?」

「いいですが。。迷惑じゃないですか。。なるべくご負担かけたくないのですが。。」

お母さんは長時間の汽車の移動で、少し横になって寝ていることに。

私と、ゲスト3人、私の子(4歳、4歳双子)とで、近所のスーパーマーケットにお買い物!

もうひとつ。今後の予定の確認。

明日はどうするのか。

14時の秋田発の五能線の列車に乗って青森へいくので、その前に駅前へ連れて行ってくれれば、自分たちで観光するとのこと。

「14時か。それまで、じゃあ、私がどこかへ案内しますよ」

「えっ。悪いじゃないですか。。いいですよ」

いいよ、いいよ。

勝手に仕切る。

前回のお客様へ対してもだが、私が仕切る。その旅を(笑)

お肉は大丈夫ですか?

僕は、鶏肉派で、でも、ほかのみんな大丈夫です。

そんなにみんな食べないです。

ホットプレートで焼肉にしません?

みんなで突っついて、みんなで切って焼けばいいからすぐですよ♪

ご飯だけ17時に出来上がるようセットしておいた。

みんなでしゅっパーツ!

そうそう、子供たちは最初もじもじしたが、10分したら、みんなの部屋に出入りし、廊下を走り回る始末。

これ、うちの廊下。ながーいんですよ。

廊下

この並びにそって4部屋あります。

車の中でもはしゃぐ。

息子さん、息子さんの友達は、ともに、子供と遊ぶの苦で無いようで、ずーーっと遊んでくれて、私もおもてなしに専念できました。

勝手にわがままになり、ママが怒らないこと、もうちゃんと計算して、やりたい放題。ちょっと注意するが、聞かない。

子供がいることは、紹介ページに書いてあって、そういうのが嫌な人は、残念ながらお断り。

私の受け入れ条件は、家に病気の人がいないこと。子供がいるお家で大丈夫な人、私がうちにいる時。家が汚く、準備できないとか、忙しいとかではない。相手の条件もない。

が、女性がメンバーに入っていることも正直、今回改めて必要だなと感じた。

家も、おじいちゃんがいるお家なので、男性だけが来るのは、まずいと感じました。

airbnb

 

話が飛んだ。

十和田バラ焼きのたれを使って、ホットプレートと、ガスコンロを使って、玉ねぎ、豚バラ、キャベツ、エリンギ。 その、鶏肉バージョンも作って。

あと、トマトきって、塩かけて。

みんなで切って!!

ねっ!

簡単でしょ~

洗い物も手伝ってくれましたよーー♪

この記事は2番目です。ほかはこちら。

airbnb

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら