広告

Pocket
LINEで送る

Airbnb2日目2016年3月21日

文化の違い

私のおうちにいらしているお客さんは、イスラム教徒。

私とは、違うんですね。

改めて一緒に時間過ごして実感。

昨日から2日目。今日は田沢湖に連れていきました。

雪を見せたいという、パパさんの気持ちからの行き先決定。

メンバーは私の解釈とは実際違いました。

メンバー、お母さん、お兄さん、弟さん(卒業式迎える)お姉さん、妹さん、お兄さんのお子さん(3歳)の6名。

お母さんは、マレー語の小学校の先生を退職した60歳。

お姉さんはマラヤ大学(マレーシアの東大)を卒業された栄養士さんで、ネスレにお勤め。英語、レー語、韓国語。中学1年からボディスクールに自宅から800km離れた学校へ一人で寮に入って通学。

私の感覚とはまるっきり違う。

お兄さんは、秋田大学卒業。今はマレーシアで、ヨーロッパスイスの本拠地の熱伝導の会社にお勤め。大学に入る前は、2年間マレーシアで予備学校みたいなところで日本語の勉強などをして、難関突破し、国の全額補助で、大学卒業。

弟さんも同じ状況で、4月から地質を調査する会社で、世界、日本全国を回る予定。今後マレーシアに戻るかは決めていないそう。

妹さんは、障害があるようで心配したが、自分のことを出来、家の中では車いすは必要なく、壁をつたって歩いてくれる。

お子さんは、ママなしで(学校の先生で、仕事があり、8か月の坊ちゃんがいる)10日間みんなと旅行!このあとは、京都にみんなで向かうことになっている。(外国人向け新幹線乗り放題パスあり)

彼らは、

お肉は、処理の仕方が不明なものは、旅先では食べない。

きちんと、お祈りする。

お母さんがなんでも先。

お酒も飲まない。

トイレは日本はウオシュレットなので、旅行しやすい。

 

私がよく思っていなかったこの土地、秋田を敢えて人生の故郷とし、選んできたお兄さんと、弟さん。

選んだ理由、「雪があるから」

ただそれだけだったそう。

「学ぶのはどこでもいいじゃないですか」

彼は、私にこう言った。

向こうの方は3か国語は当たり前になってきているそう。

そうでないと、仕事がないという。

読んでる本も、松下幸之助。

イスラムとすごく近いと彼は言う。

私は読んでもいない。

せめて、読もうと思った。

ママさんが、 「あきこ、かもん、まれーしあ」と、言ってくれた。

子供と行こうと思う。

マレーシア、クアラルンプールより車で1時間半Bentong

汽車などないそう。地下鉄も。バスになるそうです。

子供たち、今日で仲良くなりました。

一緒に連れってってよかった。ずっと興奮。

言葉も通じないのに笑いあい、会話している。

子供も、大人も。

文化の違いはある。それでも、お兄さんにつれられるままにきた我が家で、気を使い、精一杯楽しそうにしてくれている。

残り2日。

精一杯楽しく過ごせるよう全力を尽くそうと思う。

今日の食事

朝、ごはん炊く。ふりかけ持参(マレーシアのもの。ふりかけっぽい)生野菜(持参)に、マヨネーズ、レモンかけて。味噌汁作る!(ロジカルシンキング味噌汁大絶賛なり!)

昼、外食

夕、稲庭うどん、かきあげ、カボチャ、いかの天ぷら

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら