広告

Pocket
LINEで送る

子どもと取り組む今の課題 4歳双子女子2名。

七田チャイルドアカデミー先生の指導より

これでいいのか悩みながらまず、取り組む。

字をかけなければならないのではないか。

最近子供がお手紙をもらってくるようになりました。

家は1月生まれだから遅くっていいんだが、通用しなくなってます。

3月生まれの子の上手なこと。

1月とか、4月とか3月とか。

いい加減、比較するのはやめにしたい。

安心したくって聞いていたセリフなんだと思い知らされました。

これは、もう、聞かないことにする!!

それで、この写真ですが、絵日記を書いていこうと思ってます。

字を書かせるのはほんの一部で、彼女のなかから今しか出ない「ありえない言葉」を引き出してあげるのが、親の役目なんだそうです。

字を教えなくていいということではなく、出来ないからと言って問題なく、ゆっくり取り組みながら、伸ばす力はここなんです。

以下ポイントです。

今日はこんな感じでやってみました。

私:みっちゃん、何かく~

子B:プール

私:どこのプール?

子B:んーーアメリカ!!

 

えーーーーーっ!!

ついに海外への興味でしょうか?

多様性への第一歩でしょうか?

私の子育てはうまくいっているのでしょうか?

 

私:誰が泳いでいるの?

子B:アメリカの人。

私:どんなアメリカの人?

子B:うさぎちゃんの服を着たアメリカの人~

私:何やってんの?

子B:滑り台

私:滑り台でなにしたの?

子B:。。。

私:滑った?

子B:滑り台を使って潜った~

子A:何人のアメリカ人?

 

子B:4にん!!

 

子Aもまねしますッ笑

私:あれ、滑り台はどこ~

子B:かけなーいい

私:こうやってかいたら~滑り台みたい?

滑り台

子B:うん。

私:じゃあ、お母さんが文かくよ。漢字とカタカナもあるな~

最後のもぐったってここにかいてごらん

子B:うん。

 

引き続き努力してみます。

 

誰が、どこで、何をした作文でした!

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら