広告

Pocket
LINEで送る

Airbnbのハウスルールについて

あまり細かいことを最初から書きたくなかったしもうけたくなかった。

が、必要だったかもしれない。

今日くるはずの台湾のかたが、お見えにならない。

今、22時だ。

 

仮に、契約上、24時までのチェクインだからといって、来ないと判断して寝れる神経は残念ながら持ち合わせていない。

このまま朝まで待つと仮定すると、この場でやきもきしながら待つことになるのか。

一緒に住んでる祖父が怒りまくり。

ただでさえ、この、Airbnbには否定的なのによりその否定が強くなってしまった。

ここまでだな。

今日きても泊めていいのかさえ、悩む。

なにか突っかかっていくんじゃないか。

そもそも無理なことなのかもしれない。

私だけの家ならできたかもしれないが、ほかの家族が反対するようなこと。

強引だったか。

理解してもらうことは、ほぼ、

おっと、寝たぜ~

来た!

おー青森までいったたか。

そんでこんなに遅いのか。

外国人の人の旅行距離感覚ってどうしても広いなー。

あっちこっちやっぱり行ってみたい気持ちになるからどうしてもこちらサイドからみると、無理な日程なんだよなー

まず、きてそうそうだけど、何時に朝でていくか確認→9時

今風呂はいるかそれとも夜にするか?→今

朝ごはんだしたいんだけど→ありがとう。でも大丈夫。持ってきた。

ここで聞き漏らしたのか、冷蔵庫をかってにあけて、中に自分たちのものを入れ始めた。

相手はにこにこしているので、私の聞きそびれだろう。

トースターはあるか聞かれたのだけわかった。

靴下もいきなり脱ぎ始め、脱がなくていいと説明。

今回のお客様は台湾より。2名。娘さん、ママ、ママの友達。ママの友達、私より若いなー。

んで、このママが今回この旅に不参加。

直前でパスポートが見当たらず、旅行断念とのこと。

1週間の日本への滞在で、仙台と台湾を結ぶタイガーエアーでいらっしゃってます。

今回の旅はすべてAirbnbを利用し、仙台に半分。あとはほかの東北地方に行く予定。

明日の予定。ちょっと聞き取れない。

ママの友達は英語は全然話せないというが、こんなに運転して疲れただろうに、早く休んで。

5月に台湾に行ってきたこと、台湾人が運転が荒いこと。伝えたが、伝わってないな。。

明日はどこにいくのかな?

ゆっくり休んでほしい。

そんで、ハウスルールは、もう少しそっとしておこう。

我が家の爺さんはまだ対面していない。

この娘さんいくつくらいかな?

大学生っていってるから20くらいかな?

会話する気はほとんどなく、明日の予定をこれから決めるそう。

若いなー。

こんなかっこで寝るのかな?

人それぞれだなー。

もう、今夜は寝ようかな?

大丈夫だな。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら