広告

Pocket
LINEで送る

タイ家族旅行 2日目

今日は昨日の疲れもあり、無理はしないが、お兄ちゃんの希望の夜のナイトマーケットへ。

日中は、パパのおばさんのお家へ。

広い一軒家を日本円で6万円くらいで借りていて、旦那さんを亡くしているので、犬、2匹とお住いでした。息子さんが3人いて、長男の息子さん家族もちょうど娘さんと来ていらっしゃいました。パパさんのお母さんもしょっちゅう長期滞在で遊びに来るらしく、日本からも友人もロングスティで遊びにこれれるので、忙しいそう。

タイ語はまったくわからないそう。

片言はわかるが、表記、文字は読めないとのこと。

英語もご本人は堪能ではないとおっしゃったが、そこそこできるのは間違いない。

夜、そんなに出歩いたりしなければ、住みやすい街だと話していました。

お昼ご飯を近くの大きなデパートへ。昨年出来たそう。

中に入ると、何でもあり、何も困ることはありません。

もちろん、日本食もたくさんはいってます。

フードコートはなんでも世界の国の料理がそろっているので、大人も子供も自由に食べれれのでいいかもしれないが、自分で買ってテーブルに運んでくるのはわりと面倒。

旅行中はなるべく運んでくれる場所で食べるのがおすすめ。

その後、お昼寝をし、夜のナイトバザールへ。

タイの民族衣装を着て、家族写真を撮ることにしました。

そのおばさんのお家に飾ってあって、素敵だったからです。

その場について、写真のタイプ、プラン、生地を決め、衣装を身にまとい、化粧、髪のセットアップ、記念撮影。2時間くらいかかりましたが、文句ひとついわず、自分の姿を喜んで2人とも見ていました。

やっぱり、女の子だなー。そして、自分も。

素敵な家族写真になりました。

大きくなって、いつかこの写真から何か感じてくれたらいいな。

何かって。

自分が親になったらきっと何か思うのではないかと思いました。

こういった写真、今後世界でもあったら、また一緒に撮りたいと思いました。

ずいぶん遅くなってしまいましたが、夜のマーケットで夕飯。

パッタイを気に入って食べてくれました。

牡蠣が美味しそうでしたが、我慢しました。

夜遅いのですが、マーケットには割と西洋人のかたが多かったです。

トゥクトゥク、ソンテウにも乗り、3歳に乗ったことをすっかり覚えていない様子。

風に吹かれて、町を走るその乗り物に、うちの子はとても楽しげでした。

風がムンムン、排気ガスがお兄ちゃんは気に入らない様子。

確かに、少し空気が悪いかもしれません。

日本でいうところの、京都、奈良みたいな雰囲気です。
2016-08-08 18.38.58

 

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら