広告

Pocket
LINEで送る

よく、読み聞かせをすることと育児書には書かれています。
子供を産んで、4年半。
いわれるままに、読み聞かせを行ってきました。
昨日、ようやくその効果を感じました。
本のタイトルは

いるの いないの
京極夏彦作 町田尚子絵 東雅夫編
www.amazon.co.jp/dp/4265079539

どんな本かというと、怪談です。
そうです。
怖いのです。

この本を読んで、これが、読み聞かせの効果かと、思い知りました。
文章は短く、ゆっくり読みました。
子供が頭の中で、その光景を思い浮かべ、イメージすることができているのを感じました。怖い絵がそれを手伝います。
内容は、長くなく、むしろ短い文章です。

私は京極夏彦さんがこの世に本を出したとき、その著書はすべて読んでいたので、妖怪ならこの人だと知っていました。

久しぶりに昨日本屋に立ち寄り、その本を目にし、昨晩読んだら、もう、子供が大興奮。

怖すぎないか?

そうですね。

たしかに、4歳前の子は、泣いてしまうかもしれません。

そう思って、怖いものは近づけないほうがいいと思って、いままで育ててきました。
本もそういう気持ちで選んでいたような気がします。

つい先日、なまはげ伝承館というところに連れていきました。

なまh

ここでは、12月31日に行われる伝統行事のなまはげが、1日4回ショーとしてみることができるのですが、友人にあそこは、ただ子供を泣かせるだけだと、いわれていたので、近寄ることはなかったのですが、遠方から知人がきたのをきっかけに連れていきました。
たしかに泣きましたが、その後、こんなこともいいます。

「鬼って神様なんだよね」

子供の想像力を掻き立ててるのは怖さ、なのかもしれません。
全巻買ってみようと思いました。

こんな帯でした。

「怪談」を通じて、想像力を養い、強い心を育んでほしい
幼いころから怪談に親しむことによって、子供たちは豊かな想像力を養い、想定外の事態に直面しても平静さを保てるちょい心をはぐk身、さらにはいのちの尊さや、他者を傷つけることのおそろしさといった、人としての大切なことのイロハを自然に身につけてゆくのです。私たちが人生で初めて出会う書物である絵本を通じて、良質な本物の怪談の世界に触れてほしい。---そんな長いから「怪談絵本」シリーズは生まれました。
東 雅夫

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら