広告

Pocket
LINEで送る

久しぶりに村上春樹を読みました。
37歳までは毎回新刊に走ってました。
本を読まない私が最初に出会った作家が、彼でした。
思い起こすことあれは20歳。
何の本だったか覚えていないのだけど。

子供が生まれ小説を読んだのは初めてといっていい。

少し余裕が出来たのかな。
子供が寝てからゆっくりとした時間が流れた。
いつも口うるさい父親も、どういうわけか無言でいてくれた。

2日間に分けて夜の時間ひっそりと読みました。
1日目はひどく退屈な気持ちになってしまいました。

こんな人だったか?村上春樹って。

ページをめくることを最後までやめたいとは思わなかったが、私は何かを探し始めました。

何を探したんだろう?

不思議と聞いたことのないメロディーはずっと流れていた。
相手を理解したい、全部知りたいという気持ちは無理なんだ。
車の後ろにのって、話を聞いている感じ。
少しづつ、感覚を取り戻していく。

2日目
「シェラザード」「木野」と言う話から昨日とは違う感覚を思い出しました。
あっ、いたいた。村上春樹がいた。

水の底にいるナマズになって、好きな子のお家にそっと忍び込む自分になれたし、ウイスキーのグラスの中にある氷がカランとなる音が聞えたし、今すぐ荷物をまとめてここから出ていかなければならない。
いますぐに。という気持ちが沸き起こりました。

やっぱり、こんな時間は大切だなーと久しぶりに思いました。
次は何を読もうかな。

その前に、いますぐここから出ていけるように少しは部屋をかたづけなきゃ汗

ナマズ

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら