広告

Pocket
LINEで送る

「ラララランド」
ストーリーは夢を追いかけるというのが根底にあって、ありふれているけど、永遠のテーマなのかもしれませんね。
私の場合は 「あの時夢かなわなかったけど、追いかけてよかった」っていう思いがどこかでいつもあるので、こういう映画をみると、あの時のせつない思いがよみがえり、少し胸が熱くなり、主人公にすっと入っていけます。
出会った相手、恋人、友人、恩師、時がたっても忘れませんね。
随分と時が経っているのに 苦笑
 
この映画は分類的にはミュージカル映画になるのかな?
思ったことは、「1年に1度は忘れず、ミュージカル映画をみたい」です。
小説になくって映画にあるものが何かといえば、
音楽表現で、しかもミュージカルは踊りも…
 
役所浩二さんの「シャルウィーダンス」
ウッディアレンの「世界中がアイラブユー」
書くときりがないくらい、ミュージカル映画は心に残るものが多い。
検索しても片っ端からでてくるので、見切れないくらい。
毎日見るのは今は無理だなぁ~
 
前評判が良すぎて、それほどでも?と思ってしまったのが残念でした。
こんなふうに出会いたかったな。
 
たまたま今日は映画でも観ようかな?
ん?
これにしよう !
なんか、良かったな。
そう思いたかったですね。
ちょっとウトウトまたしてしまったことはここだけのお話に。。
 
いや~
平日午前って映画見に来ている人結構いるんですね!
そのことに驚きました~
Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら