広告

Pocket
LINEで送る

はじめてスキーの靴を履いたのはちょうど1年前です。

はいただけでおわりました。

このときちょうど4歳になったばかりでした。

ですので、今年もまだ早いだろうとおもっていたのです。

ですが、回を重ね、先生のレッスンを受けるごとに、天気も良かったのも味方して。レッスンをこなし、スキーを楽しむことが出来たようです。

 

スキー場によって値段は様々。

 

リフトの券の値段やレンタル代、レッスン時間、レッスン料なんかも様々。

スキー靴もサイズもまちまち、重さも違うのです。

数をこなすなら、値段交渉もありだと思います。

 

レッスン時間ははじめは2時間。

なれてきたら午後も2時間

ちときついですが、気持ちで出来ます。

ここで10時間目くらいです。

1時間半のレッスンのところが一番いいなと感触あります。

 

ハの字で滑る約束をしながら、先生よりスピードを出さない約束をしながら、滑りきることが出来ました。

1年生になったら、親子で滑れると感じました。

今シーズン3月に入ってから天気よく、ちょうど18時間滑ってます。

どちらの子供も同じように滑ることができました。

転ぶことを考えると、ヘルメットは必須ですし、メガネがないと眩しくて滑れないですね。

必需品になります。

私の行ったところには、この2点の貸し出しはありませんでした。

 

ちょうどシーズンも終わったタイミングで3か所のスキー場を比べることができました。

それぞれに良さがあり、一概には比べられません。

私自身こんな小さい頃にみたことのない景色を子供は見ています。

それぞれの自然を子供か感じてくれてたら。

こんなうれしいことはありません。

スキー

 

最後の日に20年ぶりに私も滑りました。

こっこんなに体力使いましたっけ???

歩けなくなり、午後はトライできませんでした。

子供と親子スキーで楽しめるように、体力が必要です。

頑張るぞ~

樹氷

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら