広告

Pocket
LINEで送る

私の歯の物語~30万円の投資~

 

歯の治療はどれくらいの頻度でおこなんていますか?

 

皆と話していて、数年思っていることがあります。

みなさん、歯科検診受けてないんですねーーーー!!!

私は3か月に一度の検診を受けています。

今日はそのお話を。

 

今から20年前、突然虫歯が8本見つかりました。

それまでは0本デシタ。

生まれて初めて銀歯を詰めました。

むし歯のない子でしたのでショックでした。

その後、定期的に3か月に一度検診を受けるようにしました。

歯医者にいくと

次のご予約は?

といわれたので、行かなければならないものだと思っていました。

それから、14年後

子供が出来たのと同時にむし歯になりました。

治療の説明とともにインプラント治療をその時初めてすすめられ、1本30万と言われ、びっくりしました。

すぐに他の歯医者に変更し、セカンドオピニオンのように説明を受けました。

その歯は様子をみていくのでいい。インプラントになんかする必要はないという判断でした。

それから3年後

そろそろその歯を治療することにしました。

セラミックというものを初めて詰めました。

時代は銀歯→セラミックでした。

 

この過程の中で、テレビで、たしか「がっちりアカデミー」だったと思います。

生涯の歯科治療の値段の比較をしていて、対処療法(むし歯になってから対応する)と予防(定期メンテナンスと先取り)を生涯で比較すると、予防のほうが圧倒的にコストパフォーマンスが高いことを話されていて。

確かに…納得….

今、私の仕事で関わっている高齢者の方で、よく聞くセリフが

「こんなに将来、歯にお金がかかると思わなかった」

なんです。

どのみちかかるお金です。今するか、あとでするか。

必ず問題になるからです。

 

もう一つ

胃瘻はご存知ですか?

胃に穴をあけて、そこから栄養、お食事をとっていく方法です。

私はそんなの嫌だな。

自分の歯で最後まで生きていきたいな。

終末期医療に携わった中で、一番自分に降りかかってきた問でした。

 

昨年、行きつけの歯医者さんでセラミックキャンペーンがありました。

1本2万8千円のところ、2万5千円に

先生と相談しました。

4本の親しらずがきっちりあり、銀歯の状態です。

この歯を今、しっかり使って咀嚼している状態ですが、奥の歯で手入れが届きにくい状態です。

むし歯の温床になりかねない歯なのです。

そこで

全部一度銀歯をセラミックにしてはどうだろう。

むし歯菌の数を減らすのです。

自分の歯で最後まで食べるために。

ということで、30万で全部セラミックにしました。

 

その後、何が起きたか。

 

 

少し、家がきれいな状態が長くなっています。

そして、自分をきれいにしていたいという気持ちを取り戻せました。

きれいになりたい

そんな心をとりもどしました。

歯の治療は最近どうですか?

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら