広告

Pocket
LINEで送る

神田昌典さんのフューチャーマッピングを2回体験しました。

3回目は自分で作りました。

この画像は2回目です。

この本を読んだのですが、ちょっと意味がわからず。。

ストーリー思考

 

神田昌典さんのフューチャーマッピングはどんなことかというと

所要時間2時間くらいかかる作業で

最初に

期間を決め、その中で、形にするものを決めます。

私は全部で3回書いたのですが、

1回目は1週間で「水を毎日2ℓ飲用する」

2回目は3週間で「健康な体を手に入れる」

3回目を今日作りました。

「衣・食・住を整える」です

それに向かって誰かを120%幸せにする物語を作っていき、その話を使って自分の物語を形にします。

目標をたて,実行し、達成するみたいなツールなのかなという印象です。

 

このツールを知りたかった動機は、私は目標設定が苦手で、どこに自分が向かっているのかわからない。他者とのこみニュケーションから問題は解決し、ビジュアルの力は絶大と感じていたからです。

この本はフューチャーマッピングの講師レベルの本だそうです。

 

そして描いてみてどう思ったか

ます、面白い!

みんなで物語を作ること。自分の思いもよらぬキーワードが出てくること。刺激的でした。

そして、そのことにワクワクしていました。どんな未来が展開されていくのか。上手くいったり、いかなかったり。人はポジティブに前へ進まざるを得ない生き物なんだということ。

そして、そして、何よりも誰かの幸せを120%の幸せを願い考えること。

家族とか身近な人ではダメな理由がわかりました。

まるで他者からしか、幸せはやってこないかもしれないことを何度も実感していくゲームのように感じました。

 

今後の予定としては、描いた3つを形にしていく。今の所、これを書いてみて、目的は達成するのかといえば、達成するからびっくらこいたのですぁぁ

この1回目の水を毎日飲むが出来たんです!!

それで、神田まで本格的に申し込んでしまいました。

これ10万円のセミナーですよ (;´・ω・)

いつの日か私が誰かにこのスキルを教えられたら…

なんて、未来を思い描きながら(^^♪

続きはまたお知らせしますね!

フューチャーマッピング

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら