広告

Pocket
LINEで送る

忙しいワーキングマザーに不向きな理由

長い….

3時間56分の映画です。前編、後編合わせて。

レンタル代が高い

500円のアマゾン映画で2本=1000円

子供の誘拐

そこから学ぶものはなく、ただ悲しい気持ちになります。

そして事件の時効の前に、父親が犯人をつきとめ復習します。

暗い

そしてその子はなくなるし、犯人には子供がいるし。

明るい要素はゼロ

途中寝る

警察の社会構造も背景に描いたりして、なんだか全く興味がわかない。

最後に早送りもしてしまいました。

 

購入してしまった理由と反省

深夜に映画が観たくなった。これはお腹が空いて食べるっていうのと似ていて、判断できない状態にあります。こういう気分の時はさっさと寝るにかぎる。ラーメンも作ってしまいました。最悪です。

そして、体力の使わない映画が観たかったです。

これが、適当にお勧めの日本映画で見つけてみた理由です。

傑作、この言葉には深夜はご注意。判断できません。

 

「64」この映画のいいところ

それでも、なんとか時間とお金のもとは取りたい私。

セリフに心は集中できました

「子供がいない時間がどれだけ長く感じるかお前にわかるか」

「どうやって毎日を過ごしてきたんですか?」

「残るのは整理のつかない心だけ。忘れたくないのに思い出は消えていく」

 

知人が先日子供を亡くされ、その悲しみがまだ私の中にあったので、こんなのみなきゃよかったと後悔しました。

今後の映画と活動指針

次は楽しい映画に。

あと、長い映画も小説も今の自分には不向きと割り切らなきやと。

映画も小説も面白いものにあたるには何本もみなくてはならない。

10本に1本の感覚です。

そんな失敗もなくては !!と、自分を慰めています。

Pocket
LINEで送る

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら