広告

Pocket
LINEで送る

Loganを見てきました。

どんな映画か

この映画は未来が舞台で、出てくる登場人物は、細胞を移植し作れれた死なない人間。主人公は中年の男。その男が守る年老いた老人。その男の仲間。見知らぬ少女ローラ。

見知らぬ少女を守ってくれと、 1人の女が現れます。

途中、命を狙われながら、闘いながら、人と出会いながら。。

 

「レオン」という映画に近いのかな?始まる前はそんな印象で映画館に入りました。全く違うものでした。

 

ストーリの前ふりを知らなくても大丈夫

話は続きもののようでそういった情報がなくても、見ていて問題ないです。

あと漫画のエックスマン?私はよくわかりませんが、その話がベースとなってその女の子がカナダの国境を目指し、男と旅するロードムービーになります。

この映画はその漫画がわからなくても大丈夫です。

 

感想

途中、最後から10分から15分寝てしまいました。

後で気付きましたが138分の上映時間の映画でした。ちょっと長い(苦笑)

シリーズものでミュータントという生物を描いた作品で、今回はR15指定になってました。その意味は、その殺し方の残虐さにありました。その殺し加減が見る者を魅了し、このような心に届くシーンとなって記憶に、心に残ります。これがR15指定じゃない子供も誰でも見れる映画だったら、つまらない映画になったかもしれません。

ミュータントという言葉の意味が分からず観ましたが、問題ありません。

未来は細胞いじり凶悪犯罪を起こす人々をつくり出すのですね。

心を持たない人々を作ろうとしても心を持ってしまう。そしてそれは人間としてみなされない。

ストーリーは大人と子供の育む愛。時も場所も関係なく人が人を必要とする心と場所。

これが大切なことなんだ。

そんなメッセージに聞えました。

帰って寝る子と家族、今一度考え直すことができた映画でした。

そして、もう、そのことを忘れています。(笑)

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら