広告

Pocket
LINEで送る

 

この本を読んで。

思い出しました。

とにかく思い出しました。

24歳からの5年くらいの自分を。

もう、あれから20年もたっちゃった。

あの頃のことが、言語化されて、目の前に本として映像のように読めました。

読んだら色々あの頃のことを、ありありと思い出して。

カギの音、窓を開ける音、薄暗い汚い狭い部屋、外にある洗濯機、狭い風呂、トイレ、近くのコンビニ、歯医者、魚屋、スーパー。

 

楽しくなかったな。(笑)

まったく楽しみを感じられなかった大学卒業後からの5年間。

それでも、生きていたな。

自分とことを色々思い出させてくれました。

仕事と家の往復。

休みの日に何をしていいかわからない。起きて今日1日どうやって過ごそうか。

途方に暮れたあの夕方。

買い物で憂さ晴らし、満たされぬ心。孤独。

そんな映像が胸に渡来しました。

あの、辛く、けだるい感じ。

そして、寝れなくなりました。

映像でないのに。

この小説が思い出させたのです。

タカをくくって読み始めました。

芸人が書くものだ、話題だけでしょ。

そう思いたかったのかもしれません。

違いました。

心が凍えました。

恋愛小説?今更自分がそんなの読んだって。

それでも手に取りました。

私はなんでこの本を買ったんだ?

 

 

もう一度よく思い出したい。

駄目だ。

全く楽しかったことが思い出せない。

仲間との青春のようなたむろう姿も見当たらない。

金曜の夜に仕事場の仲間と食事?

そんなことも一度もなかった。

 

最後に彼女は彼にこう告げる。

わたしね、東京に来てすぐにこれは全然かなわないな。何もできないなって思ってたから、永くんとあえて本当にうれしかった

 

そうなんだよね。

自分は東京にはかなわなかった。

だから

かなったはずの又吉さんの本を読みたくなんたのかもしれない。

 

今もこの小説の彼はどこかて演劇を続けているのかな?

あっ、私は過去にも今も演劇はやってません。(笑)

Pocket
LINEで送る

広告

この記事を書いた人

あっきー

あっきー

起業独立し、10年になりました。
郷土をこよなく愛する秋田在住30年、親切丁寧薬剤師歴20年のあっきー(佐藤晃子)です。
私生活は双子のシングルマザーとしても頑張ってます。

禁酒歴4年目に突入しました。10kg減量成功歴のあるチャレンジ精神満載です。
日々の奮闘を機械音痴でもブログに書いて3年になりました。(2019年、2月現在500記事)
このブログから何か効き目のあるお薬を出してあげれることができますように。

詳しいプロフィールはこちら